TOPパチンコ機種情報Sammy> ぱちんこCR北斗の拳剛

ぱちんこCR北斗の拳剛

導入開始日/2010年7月Sammy 公式サイト
ぱちんこCR北斗の拳剛
©武論尊・原哲夫/NPS 1983 ©NSP 2007 版権許諾証SAF-308 ©Sammy
機種概要

 パチンコでもパチスロでも大成功している、「北斗の拳シリーズ」最新作【ぱちんこCR北斗の拳剛掌】。基本的なゲーム性は前作のラオウVerを継承し、破壊力のある仕上がりとなっている。演出ではシリーズ初となる天帝編を採用。ファルコやアインが登場する。

基本仕様
大当り確率 1/399.65
確変中確率 1/40.0
賞球数 3&13&15
大当り出玉数 約650or2080or2400個
確変突入率 80%
時短内容 電チューサポート発生時の2R通常当り後40or60or80回
ラウンド・カウント数 2or5or16R・10C

■大当りは3種類

大当り3or7図柄で大当りすると「HYPER BONUS」となり、右打ち+16ラウンド。約2400個の出玉を獲得できる。その他の図柄で大当りした場合は「BONUS」で、5ラウンド分の出玉となる。ただし、5R目にV-PUSHボタンが振動すると、16Rに昇格する。また、今作では新たに「EXTRA BONUS」を搭載。モード移行(夢想転生or世紀末モード)と思わせつつ、大当りとなり、14R分の出玉を獲得できる。

HYPER BONUS BONUS EXTRA BONUS
HYPER BONUS BONUS EXTRA BONUS

■バトルモード

バトルモード確変中のモードで、バトルで敵に勝つほど連チャンが継続。連チャンを重ね、10連を達成すると「宿命の死闘」へ突入。10回目の大当りの最終ラウンドで「北斗練気闘座」or「中央帝都編」が選択でき、前者はケンシロウvsラオウ。後者はケンシロウvsファルコとなる。そして、20連以降のバトルモード終了時は、「昇天演出」が発生。北斗練気闘座を選んだ場合はリニューアルされた「ラオウ昇天演出」、中央帝都編時は「ジャコウ成敗演出」が発生する。

夢想モード 転生モード
夢想モード 転生モード
バトル敗北後に突入するモード(時短or確変)。時短は最大80回転なので、81回転を越えると確変が確定し、「バトルモード」へ再突入する。また、夢想モードから転生モードへ移行すると確変期待度がアップ。

■世紀末モード

2R当りor小当りから突入するモード。突入時の画像や、突入後の背景で確変期待度が変化し、突入時は「原画」なら期待度が大幅アップ。背景は昼・夕・夜の3種類あり、夜背景の「超世紀末モード」になれば期待できる。

原画演出 超世紀末モード
原画演出 超世紀末モード

■通常時の高期待度演出

回想予告・3以上 カットイン予告
回想予告 カットイン予告
擬似連予告で3回以上継続すればチャンス。途中から背景がキリン柄になれば、更にアツイ。 リーチ後に発生し、一気に期待度を高めてくれる。通常とことなる背景が出現した場合は大当り濃厚。
ケンシロウvsファルコ ケンシロウvsラオウ(2Dアニメーション)
ケンシロウvsファルコ ケンシロウvsラオウ(2Dアニメーション)
中央帝都ステージ限定のリーチは3つあるが、その中で最も期待度できるアクション。 ケンシロウとラオウが激闘。期待度は他のリーチに比べ格段に高い。ハズしたくないリーチだ。

上で紹介したアクション以外では、「次回予告」「北斗百裂カットイン予告」が発生するとハイチャンス。リーチではストーリー系リーチの「ユリアリーチ(南斗最後の将ステージ専用)」、「トキvsラオウリーチ」が発生するとアツイ。また、ストーリー系に比べ期待度の落ちるバトル系リーチでも、「vsジャギ」「vsアミバ(大当り濃厚)」や導入時に2Dの導入予告が発生すると大当りを意識できるぞ。