タツノコプロ40周年記念作品がパチスロ化! アビリットからパチスロ新機種「鴉-KARAS-」が登場

 アビリットの次期パチスロ新機種が「鴉-KARAS-」に決定した。本機は数々の名作アニメーションを生み出してきたタツノコプロが、40周年を記念し制作した同名超大作OVAとのタイアップ機。東京国際アニメフェア2006・東京アニメアワードオリジナルビデオ部門で、優秀作品賞を受賞したハイクオリティ映像をパチスロで楽しめる。

(2009/12/4)

 「鴉-KARAS-」の見所で、まず挙げられるのは【パチスロ史上最高峰の映像美】だ。原作の特徴である、2Dと3D映像を融合させた超美麗ハイブリッド映像を、更にパワーアップした「ジェネライブ筐体」で再現。音質にも力が入っており、リアルな映像と音響で圧倒的な臨場感を生み出している。近未来の新宿を舞台とした「鴉」と「廻向」の壮絶な戦いに、ファンならずとも引き込まれること間違いナシだ。

鴉-KARAS-画像 鴉-KARAS-画像 鴉-KARAS-画像
鴉-KARAS-画像 鴉-KARAS-画像 鴉-KARAS-画像

鴉-KARAS- ゆりね ゲーム性はボーナスが主体。ボーナスは3択チェリーをナビしてくれるハイパーBIG(純増約338枚)、獲得枚数の変動するBIG(純増約167〜203枚)、ボーナスゲーム(純増約96枚)の3種類で構成されている。BIGはBET時にスーパーBIGとチャレンジBIGに分岐し、小役ナビが発生するスーパーBIGなら平均約203枚、ナビのないチャレンジBIGの場合は平均約167枚となる。振り分けはスーパーBIGが80〜90%(BET時)と高いためそれほど心配はいらないと思われるが、枚数の少ないチャレンジBIGとなってしまった場合でも、開始から10ゲーム間で3択チェリーを5回的中させるとスーパーBIGに昇格。ビタ押しを駆使することでチェリーを2択にできる技術介入要素も用意されており、目押し上級者なら自力で昇格率を押し上げることも可能だ。

 BIG&ボーナスゲーム終了後は、1ゲームあたり約0.5枚増加するRT「廻向(えこう)TIME」に突入。廻向TIMEはボーナス成立or85ゲーム間継続。規定ゲーム数消化後は、最低50ゲームの継続が約束されるチャンスゾーンへ移行する。廻向TIME中のBIGは必ず、チャンスゾーン中の場合は高期待度でスーパーBIGとなるので、引き戻しは出玉増加のチャンスだ。
 ハイパーBIG後は「超廻向タイム」に突入。こちらは次回ボーナスまで継続するため、廻向TIME以上に出玉増加のチャンスとなる。

 ホールデビュー予定は2010年2月上旬予定。

鴉-KARAS- 筐体
ボーナス確率
BIG合成 BG 合成 機械割
設定1 1/218.5 1/2340.6 1/199.8 97.5%
設定2 1/213.5 1/2340.6 1/195.6 99.0%
設定3 1/210.1 1/2340.6 1/192.8 101.0%
設定4 1/202.3 1/2340.6 1/186.2 102.5%
設定5 1/198.6 1/2340.6 1/183.1 104.0%
設定6 1/193.3 1/2340.6 1/178.6 106.0%
©2005 タツノコプロ/鴉-KARAS-製作委員会 ©ABILIT
twitter