パチンコ新機種「CR妖怪人間ベム」がアビリットから登場

 「妖怪人間ベム」は1968年の放映以来、マニアックな人気を誇るホラーアニメ。2006年には38年ぶりにリメイク版が制作され、アニマックスで放映された。そして2009年、アビリットからパチンコとして登場する。

(2009/10/22)
CR妖怪人間ベム―スペック
LL MM
大当り確率 1/199.67 1/307.25
確変中確率 1/49.92 1/39.65
確変突入率 100%(5回リミッター) 約70%
賞球 3&10&13 3&10&13
大当り出玉 約340or680個 約400or800or1100or1250個
ラウンド・カウント数 4or8R・8C 5or10or15R・8C
時短 5or11or100or次回まで 50or100or次回まで

 スペックは2種類用意されており、ハイスピードセットタイプと呼ばれる『LL』と、ハイスペックミドルタイプの『MM』。前者は大当り後100%確変に突入し、5回大当りするまで継続するリミッタータイプ。大当りの種類と時短回数が豊富で、ラウンド数は2R・4R・8Rの3種類。時短回数は0・5・11・次回までが存在する。
 出玉増加の鍵を握るのは、次回大当りまで電チューサポートが継続する『妖怪モード』。妖怪モードには奇数絵柄での大当り(8R)後or2R当りの一部&偶数絵柄での大当り(4R)後に発生する『ダーナバトル(時短5or11回)』で勝利すると突入する。電チュー入賞からの大当りは全て8Rとなるので、一度妖怪モードへ突入するとリミット到達まで連チャン継続が約束される。
 大当り後、妖怪モードへ移行しなかった場合は通常モードへ移行。当然、潜伏確変の可能性があるので、確変の取り残しには十分注意が必要だ。

CR妖怪人間ベムLL―大当りの振り分け
ヘソ入賞時 電チュー入賞時
2R(通常時)・時短=次回まで 22%
2R(確変中)・時短=なし
2R・時短=5回 30%
2R・時短=11回 5%
2R・時短=次回まで 1%
4R・時短=5回 30%
4R・時短=11回 10%
8R・時短=次回まで 2% 100%
※電チュー入賞時の大当りでリミッターに到達した際は、全て8R通常・時短100回となる

 もう一方の『MM』はラウンド振り分け方式のミドルタイプ。ラウンド数は5or10or15の3種類だが、電チュー入賞時の大当りは全て15Rとなる上、確変継続率は70%と高い。爆発力はかなり高そうだ。

 導入開始は11月24日予定となっている。

©ABILIT ©2006 ADK/妖怪人間ベム Project
twitter