革新的ミドルタイプ! 「ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼」出陣

(2009/9/8)

ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会 空前の戦国武将ブームの中、伊達政宗を主人公に据えたオリジナル時代劇パチンコがSammyから登場した。「ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼」。泉ガーデンギャラリーで行われたプレス発表会で、“戦国権利バトル”と名付けられたゲーム性の概要が判明。会の模様とともに、さっそく紹介しよう。

 和太鼓の生演奏から会はスタート。迫力ある演奏の後、サミー株式会社 専務取締役 小口久雄氏が登壇。「本日発表させていただきます機種はミドルタイプ機の新しい提案です」「初当りすればおよそ2500発。しかも大連チャンの期待もあります。MAXタイプと異なり、ちょっと遊戯したいプレイヤーの方でも安心して遊んでいただける仕様になっています」と挨拶。

ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会 ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会
演奏は和太鼓ユニット「來巫(ライム)」の
皆さん。
挨拶する小口氏。

 次に登壇したのは同社の遊技機営業本部 営業企画室長 大坪義典氏。プロモーションムービーや実機を用いながら、機種に付いての解説があった。また、人気ビジュアル系ロック・バンド「陰陽座」とのコラボレーションに付いての説明もあり、本機のために書き下ろされた新曲「蒼き独眼」など5曲が収録されているとのこと。

ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会 ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会
ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会 ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会
ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会 ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会
本機の動向次第では、【戦国乱舞】をシリーズ化し、違う武将でのスピンオフ作品の発表も予定しているとのこと。
ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会 ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会
ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会 ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼 プレス発表会
会の終盤にはサミー応援サポーター・安藤沙耶香さんと、お笑い芸人のヴィンテージが登場。トークショーの合間に、ヴィンテージの二人が鉄板のネタとショートコントを披露してくれた。

ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼
ぱちんこCR戦国乱舞 蒼き独眼
  • 大当り確率…1/346.8
  • 初当り後決戦モード突入率…100%
  • 決戦モード継続率…66%
  • 賞球…3&10
  • 大当り出玉…約1250個
  • ラウンド・カウント数…15or16R・10C
  • 時短…なし

 さて、ここからはスペック&ゲーム性について。本機に搭載された“戦国権利バトル”について解説しよう。
主な特徴は
■2ラウンド当りなし。全て出玉のある大当り
■初当り(液晶大当り)後は必ず決戦モードに突入。+1回の大当りを保証(約2500個獲得)
■大当り&決戦モード中はALL右打ちで消化
■決戦モード中は下アタッカー開放→V入賞で大当り(V当り)
■V当り中はバトル演出が発生。政宗が勝てば決戦モード継続(66%)
の5つ。初回大当りは2回1セットで、その後は大当り中に発生するバトル演出で、政宗が勝ち続ける限り連チャンが望めるという仕様だ。しかも、初当り後は連チャン終了まで、全て右打ち消化となるのでスピード感も抜群。液晶大当りとV大当り。二つの大当りが生み出した革新的なゲーム性は、今までのミドルスペックの常識を越える爽快感をもたらしてくれそうだ。

 大胆に歴史をアレンジした演出の数々も見逃せない。政宗と刃を交えるのは、あの豊臣秀吉。それぞれ、配下の武将も多数登場する。その上、助っ人武将として「真田幸村」や「前田慶次」などが参戦。通常時を大いに盛り上げてくれるぞ。

奥州を統べる独眼竜
伊達政宗
黄金の天下人
豊臣秀吉

 導入予定は10月19日から。開戦まであと一ヶ月と少しだ。

©Sammy
twitter