人気アニメが待望のパチンコ化! 「CR BLOOD+」登場

 数々のヒット作を生み出してきたMBS・TBS系の土曜18時枠で放映され、多くの話題を呼んだアニメ「BLOOD+(ブラッドプラス)」が、タイヨーエレックからパチンコで登場。「CR BLOOD+」。圧倒的な演出ボリュームで、原作の持つ壮大な世界観を忠実に再現している。

(2009/8/7)
CR BLOOD+HTX筐体 CR BLOOD+イラスト
CR BLOOD+―スペック
HTX MTZ ATX
大当り確率 1/349.8 1/309.7 1/97.7
確変突入率 約65% 約65% 約60%
賞球 3&10&15 3&10&13 3&10&12
大当り出玉 約1300or2080個 約1410個 約470or1200個
ラウンド・カウント数 10or16R・10C 16R・8C 6or15R・8C
時短 通常大当り後50回or100回(通常時=50回・確変&時短中=100回) 通常大当り終了後100回転 通常大当り終了後20or80回転

 発表されたスペックは上記の3タイプ。大別するとHTXとMTZはミドル・ATXは甘デジの分類になるが、ミドルの2スペックにもそれぞれ特徴がある。HTXは大当り確率が約1/350だが、出玉が多く連チャン時の爆発力が高い。逆にMTZは出玉は標準的だが、大当り確率が約1/310と遊びやすくなっている。

CR BLOOD+発表会 CR BLOOD+発表会
こちらの写真は8月5日に行われたプレス発表会の模様。左はタイヨーエレック株式会社 代表取締役社長 佐藤恵理子氏。右はスペシャルゲストの喜多村英梨さん。小夜役を担当した人気声優だ。

 演出面で特筆したいのは予告とリーチを連動させた「連撃システム」だ。会話予告などで小夜が反応すると液晶下部のメーターにポイントをストック。このポイント数によってバトルリーチ中の攻撃回数が変化するため、バトルの内容を左右することとなる。また、振り下ろされれば激アツの「刀役モノ」。登場しただけでハイチャンスとなる、小夜の双子の妹「ディーヴァ」など期待感を一気に高めてくれる演出が存在。他にも「次回予告」「カットイン予告」「ストーリー系リーチ」など多数のアクションを搭載している。原作の名シーンを再現した4種類の全回転リーチは、ファンならずとも見逃せないぞ。

ジェイムズ バトルリーチ ソーニャ ストーリーリーチ ディーヴァ ストーリーリーチ
ジェイムズ バトルリーチ ソーニャ ストーリーリーチ ディーヴァ ストーリーリーチ
次回予告 全回転リーチ 始まりの場所 連撃システム
次回予告 全回転リーチ 始まりの場所 連撃システム

 導入は10月を予定。暑さが過ぎた頃にはホールで楽しめるはずだ。

©2005 Production I.G・Aniplex・MBS・HAKUHODO
twitter