「CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜」プレス発表会

 5月14日、ニューギンが「CRサイボーグ009〜未知なる加速へ〜」のプレス発表会を開催した。漫画界の巨匠石ノ森章太郎氏の代表作とのタイアップ機というだけあり、多数の報道関係者が参加しゲーム性の説明を受けた。

(2009/5/16)
プレス発表会
プレス発表会
株式会社ニューギン販売常務取締役・笹本教光氏 株式会社ニューギン研究開発本部東京開発部部長・大住信雄氏

フランソワーズ 会が始まるとまず、本機のプローモーションビデオが流された後、株式会社ニューギン販売常務取締役、笹本教光氏が登壇。「今年は2009年、千年に一度の009イヤーです。石森プロの皆さんが全力を挙げて取り組んでいらっしゃる今年の「サイボーグ009」のイベントに微力ながらお手伝いさせて頂けているのかなと喜んでおります。」と挨拶。続いて同社の研究開発本部東京開発部部長 大住信雄氏が登壇。機種説明の中でCRコブラ〜終わりなき劇闘〜と同じバトライズスペックであることや、「加速」をテーマにした連続予告。9つのモード、85種類のスーパーリーチを実現したマルチスーパーリーチシステムを搭載したことなどが明かされた。
 その後、新リユースシステム「ECOパチ」の説明が行われ、最後にスペシャルゲストとして宮城県石巻市にある石ノ森萬画館よりスタッフの伊澤さんと佐藤さんが登壇。宮城県石巻市にある石ノ森萬画館の説明やピーアールが行われた。

プレス発表会 プレス発表会

 さて、気になるスペックだが、大当り確率は1/387.25。確変突入率は75%。2R通常当りは非搭載で、通常大当り時は必ず出玉が得られるタイプだ。ラウンド数は実質8Ror16Rの振り分け方式で、出玉は約750〜1450個となっている。導入開始は7月上旬予定だ。

009画像 009画像
009画像 009画像
009画像 009画像
サイボーグ009〜未知なる加速へ〜
©2001 石森プロ/サイボーグ009製作委員会 イラスト 紺野直幸
twitter