タイヨーエレックのパチスロ新機種【銀と金】を紹介!

 パチスロ新機種【銀と金】は、ギャンブル漫画の名手、福本伸行氏の同名漫画とのタイアップ機。ART「愉悦の刻」や、新感覚のスリルを体感できる上乗せ特化ゾーン「供託金モード」などで、原作の持つシビれる世界観と緊張感をゲーム性に取り込んでいる。

(2011/06/28)
銀と金 スペック
ボーナス合成確率
設定1 1/249.2
設定2 1/241.8
設定3 1/234.9
設定4 1/226.8
設定5 1/220.7
設定6 1/212.1

 【銀と金】のボーナスは3種類存在し、同色・異色BIGは純増約220枚。BIG中の演出は2種類で、「強欲BONUS」(同色or異色BIG)ならART突入の期待大。バトル勝利でART「愉悦の刻」確定となる。もう一つの「欲BONUS」(異色BIG)は、カットイン発生時の7揃いでART突入となる模様だ。そして、純増約60枚のREG中は「絶BONUS」となり、カットイン発生時の7揃いor銀二登場でART突入となる。

強欲BONUS
強欲BONUS 強欲BONUS 強欲BONUS
バトルの対戦相手で期待度が変化。原画出現ならアツイ!

 ボーナスや通常時の特定条件達成で突入するART「愉悦の刻」は、最低50ゲーム継続・1ゲームあたり約1.4枚増加する。スイカやチェリーなどのレア小役でゲーム数の上乗せ抽選が発生し、1回の上乗せは最大100ゲーム。また、レア小役当選時は上乗せ特化ゾーン「供託金モード」の抽選も行われる。

愉悦の刻
愉悦の刻

押し順ナビ

愉悦の刻

カード演出

愉悦の刻

上乗せ演出

ARTゲーム数が0になると終了だが、ARTゲーム数が隠れている場合もあり最後まで気は抜けない。また、終了後は引き戻しゾーンの「ざわざわZONE」に突入する。

 本機の目玉機能といえるのが「供託金モード」。最低10ゲーム・最大22ゲーム継続し、滞在中は高確率で供託金(上乗せゲーム数)が積み上がる。積み上がる供託金は1ゲームあたり10〜300ゲーム。ラスト2ゲームの勝負に勝てば、全ての供託金がARTゲーム数に上乗せされる仕組みだ。

 供託金モードの突入率は約1/140(ほぼ全設定共通)。全か無か…。新感覚のゲーム性に、熱くなること間違いなしだろう。

供託金モード
供託金モード 供託金モード 供託金モード
供託金図柄が揃うとモード突入。対戦相手は西条or蔵前となる。

 通常時の演出でも、名作と名高い原作の世界観を存分に堪能できる作りとなっている。気になるホール導入は8月を予定。公開された演出画像を眺めながら、「ツキ」と「技量」を磨いてデビューを待とう!

主な演出画像
銀と金 演出 銀と金 演出 銀と金 演出
銀と金 演出 銀と金 演出 銀と金 演出
銀と金 演出 銀と金 演出 銀と金 演出
銀と金 イメージ画像
©福本伸行
twitter