サンセイR&Dの次機種は、右打ち軽快バトルタイプ【CR孔雀王】!

 CR牙狼 RED REQUIEMの導入が開始されたばかりのサンセイR&Dから、早くも次機種の発表があった。機種名は【CR孔雀王】。1985〜1989年にかけ、週刊ヤングジャンプ(集英社)で連載された人気漫画「孔雀王」とのタイアップ機で、演出はアニメ制作会社「GONZO」が全面協力。オリジナルの書き下ろしアニメーションが豊富に使用されている。

(2010/12/24)
CR孔雀王
CR孔雀王 スペック
MA XX
大当り確率 1/309.1 1/358.1
確変中確率 1/30.91 1/35.81
確変突入率 未発表 未発表
トータル継続率 80.3% 74.1%
賞球 3&10 3&10&14
ラウンド・カウント数 15R・8C 15R・8C
時短 50or80or100回転 50or80or100回転

 スペックは2種類存在発表されており、大当り確率約1/309のMAは、トータル継続率80%OVER。大当り・確変・時短中は全て右打ち消化、大当りは全て15Rとなっており、ミドルタイプながらスピーディで軽快な連チャンが楽しめる。

 演出では液晶を覆うインパクト抜群の巨大役モノ「飛翔」や、多彩な擬似連演出を搭載し、プレイヤーの意表をつく仕掛けが満載。主人公・孔雀役の保志総一朗さんをはじめ、日笠陽子さん、千葉繁さんといった豪華な声優陣を起用しているのも見逃せないポイントだろう。また、遠藤正明さん、パパイヤ鈴木さん、日笠陽子さんが歌うオリジナル楽曲を4曲搭載し、大当りラウンドを盛り上げてくれるぞ。

演出 演出 演出
演出 演出 演出
演出 演出 演出
演出はアニメーションと3DCGが融合。予告もリーチも豊富に用意されている。

 軽快なシステムと、豪華な演出を搭載した【CR孔雀王】。ホール導入予定日は、2011年1月下旬となっている。

©荻野真/集英社(ヤングジャンプ)
twitter