ストックチャージで初代の興奮を再現!パチスロ新機種【マッハGoGoGoⅢ】のゲーム概要を紹介

 アリストクラートのパチスロ新機種【マッハGoGoGoⅢ】は、2003年の「マッハGoGoGo」、2008年の「マッハGoGoGoU」に続くシリーズ3作目。ART中のゲーム性に「カップ3連」を取り入れ、初代の興奮ポイントを再現している。スペックや演出画像とともにさっそく紹介して行こう。

(2010/8/19)
【マッハGoGoGoⅢ】スペック
BIG合成 REG ART+ボーナス合成
設定1 1/399.6 1/736.4 1/184.6
設定2 1/397.2 1/712.4 1/180.1
設定3 1/390.1 1/648.9 1/171.0
設定4 1/383.3 1/606.8 1/162.8
設定5 1/366.1 1/569.9 1/153.4
設定6 1/360.1 1/541.6 1/147.1
マッハGoGoGoV

 本機のART「Go!Go!TIME」は1ゲームあたり約1.5枚増加、1セット50ゲームが基本で、ゲーム数には上乗せの概念も存在する。もちろんARTストック方式を採用しており、ストックがある限りARTが連チャンするが、そのストックを貯める本機独自の機能が、「ストックチャージシステム」だ。ART中にカップが3連続入賞するとストックをチャージ。ラスト3〜6ゲームで発生する「ストックチャージ放出バトル」に勝利すると、チャージした分のストックが上乗せされる。初代マッハのカップ3連でボーナス放出抽選を、ART版にアレンジした機能となっている。

Go!Go!TIME Go!Go!TIME Go!Go!TIME
ART中は押し順ナビに従って消化。Go図柄が揃うとゲーム数上乗せのチャンスとなり、ボーナスなら上乗せ確定だ。上乗せゲーム数は、1回の当選で10〜MAX555ゲーム。
通常ナビ ミッチーナビ 剛ナビ
通常ナビ ミッチーナビ 剛ナビ
ストックチャージはカップ3連続が基本だが、ミッチーナビだった場合は1回で2連相当、剛ナビなら1回で3連相当となりチャージが確定する。なお、現在のチャージ数は液晶右下に表示される。
ストックチャージ放出バトル ストックチャージ放出バトル ストックチャージ放出バトル
ストックチャージ放出バトルでは覆面レーサーと対決。バトル中は全小役で放出抽選を行っており、ベル成立なら約1/3で放出、スイカなどのレア小役成立なら更にアツイ。Go揃いやX揃い、ボーナス当選なら放出確定となる。
ブラック団とのバトル ブラック団とのバトル ブラック団とのバトル
ストックチャージがない場合のART残り3ゲームはブラック団とのバトル演出となる。ストックがあれば、ナビが発生し継続が確定。無かった場合でも小役のヒキ次第で、自利継続させることも可能とのこと。

 ARTへは通常時のレア小役当選や、BIG中のGo揃いなどから突入する。通常時には高確率状態が存在し、背景が夕方になるとチャンス。更に、高確よりもART期待度の高い超高確率状態も存在する。ART当選時は最大32ゲームの前兆状態を経て発動。白系演出の頻発など、前兆&高確を示唆する演出も多数用意されている。

背景昼 背景夕方 Xレーサーを狙え
通常時はカップ<スイカ<Go揃い<X揃いの順でART期待度がアップ。最強役のX揃いはART+BIG確定。ART単独当選だった場合は7連以上が確定する。

 ボーナスは3種類あり、それぞれの純増枚数はスーパーBIGが約286枚、BIGが約202枚、REGが約56枚となっている。BIG中はキャラがカットインするとGo揃いのチャンス。次回予告が発生した場合は「ART5連以上が確定する白7揃い」or「平均9連以上となるX揃い」が確定。激アツだ!

くりお&三平カットイン ミッチーカットイン 次回予告
くりお&三平カットイン ミッチーカットイン 次回予告
BIG中のキャラカットインがミッチーならGo揃いの期待度アップ。次回予告にはフリーズ付きも存在し、通常発生よりも大量のセット数が期待できる。

 通常時の演出も多彩に用意されている。Go揃いやX揃いのチャンスとなるカットイン演出や、ボーナスを賭けた連続演出。液晶と連動する5リールなど見所は多い。また、同社では初となるMAXBET演出も搭載。発動すればチャンスアップだ。

演出 演出 演出
演出 演出 演出
演出 演出 演出
イラスト1 イラスト2
©タツノコプロ
twitter