ネットの次期パチスロ新機種が【茉莉花の剣】に決定!

 ネットからパチスロ新機種【茉莉花の剣】が発表された。ゲーム性は多彩な突入契機を持つART機となっており、ART中はセット数とゲーム数の両方を上乗せする「ARTダブル上乗せシステム」を採用している。

(2010/7/29) 茉莉花の剣

 出玉の核となるであろう「試練の刻」は、1ゲームあたり約1.3枚増加する押し順ART。突入契機は通常時・チャンスゾーン・ボーナス・ART中と多数存在し、中でも注目なのが通常ゲームから突入する「チャンスゾーン」だ。チャンスゾーンは20ゲーム固定で、滞在中は2択チャンスに正解するたびに、ARTを高確率で抽選。プレイヤーが自力でARTを引き寄せることができる。

 「ボーナス+ART」の合成確率は、1/80〜1/101。ART中は「ARTダブル上乗せシステム」によって、ART上乗せをセット数とゲーム数の両方で行う。連チャン&ロング継続の両方が期待できるシステムの模様だ。

 また【茉莉花の剣】では、新筐体「MOTHER」を採用。打ちやすさを追求したシンプルな操作部、12インチ液晶やフルカラーLEDを搭載している。従来筐体にはなかった、筐体下部のデザインパネルも復活した。

演出画像 演出画像 演出画像
演出画像 演出画像 演出画像

 なお、全国ホール導入は9月下旬頃を予定している。

©NET CORPORATION
twitter