MAX BLACK IMPACT!【パチスロスパイダーマン3】のゲーム概要を紹介

 Sammyが送り出すパチスロ新機種【パチスロスパイダーマン3】は、2006年に発売された「スパイダーマン2」の後継機。強力だった前作の出玉性能や演出を、継承&進化させた一台だ。MAX306枚獲得できるBIGや、ボーナス後、必ず突入する2種類のARTを搭載。Sammy5号機史上最高級の出玉性能を持つ。

(2010/7/15)
ロゴ BLACK-SUITED SPIDER-MAN
ボーナス合成
設定1 1/298
設定2 1/287
設定3 1/269
設定4 1/254
設定5 1/239
設定6 1/220

 BIGの最大獲得枚数は306枚、ミドルボーナスはMAX162枚獲得可能と、ボーナスで獲得できる出玉はART機としては多い部類だ。BIGは「NOAMAL BIG BONUS」と「BLACK BIG BONUS」があり、後者ならロングARTの期待大。ノーマルBIGでも、カットイン演出時にBARが揃うとBLACKへ昇格する。また、ミドルボーナス中にカットインが発生すると激アツ。BARが揃うと超ロングARTの期待大となる。

ノーマルBIG ブラックBIG
ノーマルBIG ブラックBIG
カットイン演出 BAR揃い
カットイン演出カットイン演出赤ならチャンス BAR揃い

 ボーナス後は必ず「クライムチャレンジ」or「アクロバティックゾーン」へ。どちらも1ゲームあたり約1.0枚増加するARTとなっているが、継続ゲーム数が異なる。「クライムチャレンジ」はどこまで継続するかわからない緊張のART。「アクロバティックゾーン」は50ゲーム完走型のARTとなっている。しかも、アクロバティックゾーン終了後は100%どちらかのARTへ再突入。抜群の安定感を持っている。

ART中 ART中
ART中 ART中
ARTは目押し不要の押し順ナビ型。だれでも安心&スピーディにプレイ可能だ。また、ART中は中段チェリーやチャンス演出などで上乗せする可能性もある。

 更に本機は、ボーナス後だけでなく通常時からもARTへ突入する場合がある。通常時に「ベル・リプレイ・ベル」の特殊リプレイが成立するとチャンス。超高確の「教会ステージ」へ移行する可能性があり、ここでベル告知時に、5択の押し順を正解させるとチャンス。突ARTはロング継続の期待が高いため、獲得できれば激アツだ。

「教会ステージ 「教会ステージ
教会ステージへは前兆演出を経由して突入する。特殊リプレイ成立後は液晶から目が離せないぞ。

 演出面でも見所は多い。中でも映画の名シーンを活かしたバトル演出は必見だろう。「VSヴェノム」「VSニューゴブリン」「VSサンドマン」が用意されており、映画に迫るスピード感で演出が展開する。その他にも、初代を受け継いだ演出や新アクションを多数搭載。納得のクオリティとなっている。

演出 演出
演出 演出
演出 演出
演出 演出
演出では「BLACK-SUITED SPIDER-MAN」がキーとなっており、ボーナス中やART中に登場するとロング継続。通常時はボーナスや突ART、教会ステージ移行を期待できる。

 最後にハマリ救済機能について。詳細は不明だが、本機の天井は同社が2002年に発売し、人気を博した「猛獣王」方式とのこと。一定ゲーム数到達後の、チェリー当選毎にARTが上乗せされる模様だ。

 なお、本機のホールデビューは、9月上旬が予定されている。

パチスロスパイダーマン3 レッドパネル パチスロスパイダーマン3 ブラックパネル
レッドパネル ブラックパネル
twitter