CR牙狼のライトミドルスペックが8月中旬ホールデビュー!!

 サンセイR&Dが「CR牙狼〜陰我消滅の日〜」を発表した。本機は、今もホールで高い人気を誇っている「CR牙狼XX」のライトミドルスペックタイプ。牙狼の最大のウリである「魔界チャンス突入率50%」・「継続率82%」はそのままに、大当り確率が約1/147と甘くなっている。

(2010/7/1)
CR牙狼〜陰我消滅の日〜
CR牙狼〜陰我消滅の日〜 スペック
大当り確率 1/147.93
確変中確率 1/19.86
魔界チャンス
突入率
50%
魔界チャンス
継続率
82%
賞球 3&6&10
ラウンド・
カウント数
9R・10C

 【CR牙狼〜陰我消滅の日〜】のスペックは左表の通り。大当りラウンド数が9となったが、魔界チャンス関連の数値はそのまま。初当り確率が大幅に甘くなったことで、82%継続が生み出す連チャンを、より手軽に楽しむことができる。

 演出面では新ギミックの搭載や、大型ホラー「ハンプティ」の新リーチ&新予告を追加。大当りラウンド中に発生するホラーバトルには「幸運をもたらす 魔大使」と「レギュレイスの眷属 カラクリ」が加わり、牙狼の行く手を阻む。更に、今まではなかなか見られなかった、レア演出との遭遇率がアップ。MAXタイプを打ち込んだ人でも、新鮮な気分でプレイできるはずだ。

 また、牙狼を盛り上げる新企画も同時に発表された。ホールで配布される「牙狼マガジン」の発行や、モバイルと連動したキャンペーンを準備しているとのこと。こちらも楽しみだ。

 更に、同社は2010年を「GARO PROJECT 2010」と銘打ち、牙狼コンテンツの普及にも力を入れている。そのプロジェクトの第1弾が、8月中旬ホール導入予定の本機の発売。第2弾は3D映画「牙狼〜RED REQUIEM」の公開(今秋)が予定されている。

©2005 雨宮慶太/Project GARO ©2006 雨宮慶太/東北新社・バンダイビジュアル
twitter