タイヨーエレックがパチンコ新機種【CRシンデレラボーイ2〜シンデレラコードを奪還せよ〜】を発表!

 シンデレラボーイは漫画界の大御所、モンキー・パンチ氏原作のアニメ作品。パチンコとなるのは今回が二度目で、本機は2005年に発売された「CRシンデレラボーイ」の後継機にあたる。「乱馬ver.」「レラver.」と名付けられた、2つの新感覚ミドルスペックに注目だ。

(2010/4/9)
CRシンデレラボーイ2
〜シンデレラコードを奪還せよ〜
乱馬ver. レラver.
大当り確率 1/293.5 1/139.5
確変中確率 1/39.1 1/13.9
確変突入率 64% 100%
(転落抽選タイプ)
確変転落確率 1/14.7
賞球 3&10&13 3&10
ラウンド・カウント数 2or実質5or実質10or16R・8C 2or16R・8C
出玉 約442or895or1439個 約119or1039個
時短 全大当り終了後100回 20or30or100回

 乱馬ver.は大当り確率が1/300を切った、甘いミドルタイプ。16R大当りの「BIG BONUS」と「REG BONUS」に加え、ラウンドアップ形式の大当り「シンデレラボーナス」を搭載している。シンデレラボーナスの獲得出玉は継続ラウンド数によって、約442or895or1439個と幅があるが、完走率は50%OVER! しかも、終了後は必ず確変の「シンデレラモード」へ突入する。

 レラver.は確変転落抽選方式を採用した、大当り確率約1/140のライトミドルタイプ。確変中は転落確率(1/14.7)よりも大当り確率(1/13.9)の方が高く、100回転の電チューサポートが付くシンデレラモード移行時のループ率は74%超。しかも、16Rの比率が65%と高くなっている。なお、大当りの構成は乱馬ver.と同じだが、シンデレラボーナスのラウンド数は2or16Rとなる。

BIG BONUS シンデレラボーナス シンデレラボーナス

 演出面では「アクティブミッションモード」に注目。これは従来のミッションとは異なり、達成=大当りとはならない。しかしその分、依頼達成率が高いのが特徴だ。ミッションに突入するとその間の演出で、依頼達成度と報酬がアップ。依頼を達成するとスーパーリーチへ発展し、その際の報酬額によって期待度が変化する仕組み。新感覚の展開でプレイを盛り上げてくれるぞ。

アクティブミッションモード アクティブミッションモード アクティブミッションモード

 なお、全国ホール導入予定は5月下旬頃となっている。

演出 演出 演出
演出 演出 演出
CRシンデレラボーイ2〜シンデレラコードを奪還せよ〜乱馬ver. CRシンデレラボーイ2〜シンデレラコードを奪還せよ〜レラver.
CRシンデレラボーイ2〜シンデレラコードを奪還せよ〜乱馬ver. CRシンデレラボーイ2〜シンデレラコードを奪還せよ〜レラver.
©2003 モンキー・パンチ/シンデレラボーイ製作委員会
twitter