傑作SLG「三國志」が、ニューギンから「CR三國志〜乱世に生きる英雄〜」となって登場!

 シリーズ累計販売本数700万本を数える歴史シミュレーションゲームの最高峰、コーエーの「三國志」が遂にパチンコとなった。2000を超える演出パターンを持った一騎打ちボーナスや、名場面を再現した多数の予告&リーチで、英雄達の戦いを再現している。

(2010/3/25)
CR三國志〜乱世に生きる英雄〜
HR-V/HR-VG H3-V/H3-VG
大当り確率 1/367.75 1/305.58
確変中確率 1/40.86 1/30.58
確変突入率 77% 77%
賞球 3&9&10&13 3&9&10&12
ラウンド・カウント数 2or実質10or15R・8C 2or実質10or15R・7C
出玉 約870or1300個 約690or1040個
時短 大当り終了後100回転 大当り終了後100回転
確変の振り分け
HR-V/HR-VG H3-V/H3-VG
ヘソ入賞時 15R確変…41%
実質10R確変…11%
2R確変…25%
15R確変…47%
実質10R確変…9%
2R確変…21%
電チュー入賞時 15R確変…61%
実質10R確変…11%
2R確変…5%
15R確変…64%
実質10R確変…9%
2R確変…4%

CR三國志〜乱世に生きる英雄〜スペックは2種類存在するが、どちらも確変突入率は77%。大当りのラウンド数も10ラウンド(11〜15R即開放)or15ラウンドと共通だが、大当り確率が約1/367のHR-V/HR-VGは出玉が多く、逆に大当り確率が約1/305のH3-V/H3-VGは出玉が少なくなっている。

 ゲーム性で特徴的なのが「Wバトルシステム」と呼ばれる新機能。これは確変中に滞在する三國統一モードと、時短or確変中に滞在する復興モードで発生する「合戦リーチ」を一つ目のバトル。大当り中に武将が対戦する「一騎打ちボーナス」を二つ目のバトルと位置づけ、どちらか一方のバトルに勝利すると15ラウンド大当り&確変が確定するというもの。まずは君主たる劉備が戦い、不覚を取った場合は関羽や張飛などの五虎将が登場…。連チャン中は2つのバトルで大いに熱くなれるはずだ。

合戦リーチ
合戦リーチ 合戦リーチ 合戦リーチ
敵軍は呉or魏のどちらか。登場する副将や敵の兵装などで期待度が変化する。勝利した場合は15Rの「凱旋ボーナス」、敗北した場合は「一騎打ちボーナス」となる。
一騎打ちボーナス
一騎打ちボーナス 一騎打ちボーナス 一騎打ちボーナス
関羽・張飛・趙雲・馬超・黄忠(五虎将)のいずれかと、魏の張遼or夏侯惇・呉の甘寧or大史慈が対決。五虎将が勝つと15ラウンド&確変、引き分けると10ラウンド&確変、敗北すると10ラウンド&復興モード移行となる。

 通常時を盛り上げるのはモード移行と多種多彩な予告&リーチアクション。通常時から移行する可能性のあるモードは「貂蝉(ちょうせん)モード」と「呂布モード」の2つで、後者なら確変の期待大だ。予告では関羽の行く手を五カ所の関が阻む「関羽千里行ストーリー演出」や、武将達の熱き咆吼が流れる「キャラストーリー連続演出」などに注目。リーチ演出では諸葛亮孔明が知略を尽くして曹操軍を迎え撃つ、激アツの「赤壁の戦いリーチ」が最大の見せ場となる。更に、ゲームオリジナルイラストを使用した「乱世の三英傑全回転リーチ」、劉備・関羽・張飛が義兄弟の契りを結ぶ「桃園の誓い全回転リーチ」を搭載。三國志ファン必見の名画面が、様々な形で再現されている。

貂蝉モード 呂布モード
貂蝉モード 呂布モード
美女絵柄ばけりとなる「貂蝉モード移行」は確変のチャンス。猛将・呂布と五虎将が対決する「呂布モード」へ移行すると激アツ!
演出 演出 演出
演出 演出 演出
演出 演出 演出

 なお、全国ホール導入予定は4月中旬頃となっている。

©KOEI Co.,Ltd.
twitter